琥太朗ブログ

魂の叫びに耳を傾けちゃったり、人生の真理を探そうとしちゃったりして、世間の当たり前から離脱しちゃったでやんす……

周波数 から~の 「クラドニ図形」

 周波数絡みで面白いのを…

 

 「クラドニ図形」って聞いたことありますか!?

 

 まずはこれ観てみて下さい。

 www.youtube.com

クラドニ図形(Chladni figure)は、ドイツの物理学者エルンスト・クラドニの名にちなんだ図形であり、物体の固有振動可視化する方法である。この図形は1680年7月8日、ロバート・フックによって見出された後、1787年にクラドニの著書に初めて記載された[1]

金属・プラスチック・ガラス・ボウルなどにピンと張ったラップなどの平面にスピーカーなどで振動を与え音程を変えると、共鳴周波数において平面の強く振動する部分と、振動の節となり振動しない部分が生じる。ここへ例えば塩や砂などの粒体を撒くと、振動によって弾き飛ばされた粒体が節へ集まることで、幾何学的な模様が観察される。

波長が短くなる(音が高くなる)ほど現れる幾何学模様の構造も細かいものになる。平面に用いる材料が均質でない場合はそれに応じて、現れる幾何学模様も影響を受ける。

 

   引用元:Wikipedia

 

 観てるだけで興味深いですよねw。周波数が上がると図形も複雑化していくのがわかりますね。

 この本の増川いづみさんの部分で

  • 周波数が高くなると模様が複雑になる。
  • 普段聞いている音は、800~2,000Hz。
  • 亀の甲羅の模様が1,021~2,041Hz。
  • 動物たちの模様は1,300~1,700Hzが多い。
  • 日本の大輪の菊の模様、2,000Hzくらい。
  • 三葉虫に至っては、なんと7,010~9,438Hzでめちゃくちゃ高い。
  • 太古からいる生命の模様が持つ周波数が意外に高い。おそらく、宇宙から隕石に含まれて飛来したのではないか。
  • 古代に描かれた曼荼羅(まんだら)も実は周波数によって作られた形状を表している。 

とありました。

f:id:kacys2850:20180215142531j:plain

 不思議ですよね~!魅力的ですよね~! 

f:id:kacys2850:20180215134428j:plain f:id:kacys2850:20180215134446j:plain

f:id:kacys2850:20180215134553j:plain f:id:kacys2850:20180215135015j:plain

f:id:kacys2850:20180215135104j:plain f:id:kacys2850:20180215135157j:plain

f:id:kacys2850:20180215135238j:plain

 曼荼羅いろいろ…ん~幾何学的な模様ってところが似ているのかな~……周波数の何処かには居そう!っちゃ~居そうな氣はしますね(笑)

 でも最後のヤツ、形、色使いが綺麗でなんか惹かれる(笑)。神秘的な感じがする…

 

f:id:kacys2850:20180215140917p:plainf:id:kacys2850:20180215140647p:plain f:id:kacys2850:20180215141014p:plain

 

 こんな感じのも見つかるかなw!?

 

 自然の法則って不思議ですね~!

 

 ロバート・フックさん、エルンスト・クラドニさん、凄ぇ~よ!発見してくれてありがとうございます(笑)。

 

 自然の法則って云えば、フラクタルとか黄金比フィボナッチ数列とかも不思議ですよね。

 何かに支配されてる感、半端ないですよね……

f:id:kacys2850:20180215142344p:plainf:id:kacys2850:20180215142234j:plain

 

 そう云えば、「曼荼羅」って聞くと僕はこっちのイメージ湧きます。

 曼荼羅アート

f:id:kacys2850:20180215231131j:plain

f:id:kacys2850:20180215231154j:plain

こちら「糸かけ曼荼羅」と言うらしいです。しかも、「フラワー・オブ・ライフ」w。良いぃ~!!! 

引用元:糸かけ曼荼羅アート|自分らしく美しく輝くためにバランスを整える。 愛と調和のセラピスト長谷川佳子

 

 

 

 今日もありがとうございました。