琥太朗ブログ

魂の叫びに耳を傾けちゃったり、人生の真理を探そうとしちゃったりして、世間の当たり前から離脱しちゃったでやんす……

左利き

 ここ最近、思うことがあります。左利きの人って増えてない!? 

f:id:kacys2850:20180104082650p:plain

 

 左利き古今東西、世界の人口の概ね10%らしい。

 でも、ここ3年位の新たな僕の出会いの中で、憶えているだけで10人はいる。多くないですか!?

 まぁ100人に出会ったとしたら、その10%で10人......割合通りやん!いやいやいや、人見知りで友達少ない僕が100人も知り合い出来ないし......って誰がやねんッ!(笑)

 

 左利きを発見するのって「ご飯を食べてる」「字を書いてる」姿を見て、という場面がほとんどだと思うんですが、そこそこ行動を共にする職場がメインになり、そうすると知り合ったのは50人位かな~(多く見積もってないですよ(汗))。の内の10人だと20%。5人に1人。多いですよね。「多い」って言って!

 

 なんか響きがカッコイイなぁ!と思ってしまう「サウスポー」「レフティ」または「グーフィー」(これ知らなかった)なんて呼ばれたりもする左利きは、なぜ少数派で全体の10%位の割合なのか、はっきりとした理由は分かってないようです。

 

 自然選択説突然変異説、脳の半球説、遺伝による説などいろいろ考えられているらしいです。

 

 前回も「右脳」について触れましたが「脳の半球説」視点からみると、人間の脳には右脳左脳があって、役割も分かれており、

 体の制御については「右脳左半身」「左脳右半身」で制御。

 言語を司る「左脳」が発達している現代人に「右利き」が多く出現するのも頷けるような気がします。

 ちなみに他の霊長類には利き腕の偏りは見られないそうです。 

 

f:id:kacys2850:20180104090756j:plain 

【霊長類には偏りがないの図】を貼りたかったけど、こ、これは右利きゴリラか………

 

 逆に見ると、左利き右脳が発達している。と言えるのではないかな。

 左利きの特徴として「直観が優れている」「芸術肌」「変わっている」「右利きを敵視している(これはちょっと違うかッ!)」とか言われたりしますが、いわゆる天才肌が多いんです。

 左利きの有名どころとしましては

  レオナルド・ダ・ヴィンチ

  ミケランジェロ

  モーツァルト

  ピカソ

  バッハ

  ベートーヴェン

  アインシュタイン

  ダーウィン

  ニュートン

  エジソン

  松本人志

  松崎しげる

   ちょっとズレてきた.......

  

 芸術から学問、発明と凄いメンツですね......やっぱり感覚、感性がその他大勢の普通の人とは違うんでしょうね。よく天才達が「ひらめき」「イメージが湧いて出てきた」「天から降りてきた」というのも、潜在意識、異次元などと繋がりやすい右脳が発達していることと関係があるのだと思います。

 

 僕の周りにいる左利き当人達に「最近、左利き増えてない!?」と聞いてみると「私もそんな気がする~」と言う返事が帰ってくる。左利きに敏感な(笑)彼ら彼女らが言うのだから、多分絶対数は増えているのでしょう!

 ということは

 右脳人間が増えている!?

 直感型人間、超能力者が増えている!?

 人類が進化しているのを目の当たりにしているのでは!?

 もしや「ヒトラーの予言」の中に出てくる「超人(ユーベルメンシュ)」「神人(ゴッドメンシュ)」に繋がっていく!?

 

 とかなんとか考えるとなんだか楽しくなってきませんか!?オカルト好きには堪らない話ですよね(笑)

 ちょっと身近な話から「僕も右脳開発して天才、エスパーの仲間入りしたいな~」と思いながら、人類進化まで妄想を広げてみちゃいました!

 

 興味のある人は「ヒトラーの予言」でググってみてね!

 

 

おまけ

 今日もお付き合いいただきましてありがとうございます。